メタドラ速報|パズドラ攻略・まとめ速報

7,726PV
雄飛の龍将軍・孫権
198:2015/05/16(土) 22:31:12.45 ID:

孫権はPTに入る幅がかなり広いよな
多色だと埋めにくい木水が埋まるしスキルはみんな大好き遅延。さらに多色の王ヒカーリーと相性抜群
ドラパの回復力を補うもよし水パにももちろん入るしな
プラス振る優先順位は高いよな

219:2015/05/16(土) 22:43:35.75 ID:

まあ孫権もたいがい過大評価ぎみだけどなそもそも覚ラーにテンプレなんてない
確定サブはヒカーリーのみ
ヒカーリー2闇カーリー孫権なんてバインド対策なし、防御スキルなし、封印80で普通に穴ありまくりで全然テンプレとなり得ない

サブはいくダンジョンによって柔軟に変えるのが当たり前

237:2015/05/16(土) 22:56:45.72 ID:

>>219
仕方なく入れてるだけだしな
220:2015/05/16(土) 22:45:07.23 ID:

と、いうか孫権は登場時からスキルはむちゃくちゃ強かったけど
見抜けなかった人が今になって騒いでる感じ
223:2015/05/16(土) 22:47:47.75 ID:

孫権は元々強いって言われてたけど回復とかいう呪われたタイプエンハだったからしょうがなかった
最近は普通にエンハかからなくても十分火力出せるようなリーダーが増えただけ
224:2015/05/16(土) 22:49:32.55 ID:

孫権は最初水しかなかったからな
いくらスキルがよくてもそれだけじゃ候補には入らないけど水木なら話は別
231:2015/05/16(土) 22:51:07.25 ID:

究極前から孫権強かったけどなぁ
232:2015/05/16(土) 22:51:10.87 ID:

回復エンハじゃなかったらあり得ない性能だよな
でも究極で多色の水木枠になれるまで大して使われてなかったんじゃないの
233:2015/05/16(土) 22:52:25.57 ID:

孫権は全属性必須とかの時にシヴァパに入れている
木と水を1人で埋めてくれるし、エンハは無駄だが、2ターン威嚇は役に立つ
練習で神々回ってもゼウスで絶対に死ななくなる
234:2015/05/16(土) 22:53:04.34 ID:

孫権はめちゃくちゃ強そうに見えて実は微妙になること多い
スキルも結局はエンハ捨てたりするし
水列2じゃなくてway2ならまた違ったと思うわ
238:2015/05/16(土) 22:57:07.62 ID:

孫権は色が足りない時に使うキャラで優先的に入れたいキャラじゃないからな
239:2015/05/16(土) 22:58:14.46 ID:

付け足すと孫権の回復エンハがドラゴンエンハだったら孫権>曹操だろうな
240:2015/05/16(土) 22:59:05.96 ID:

そういう意味では多色水木の決定版ってキャラいないな
ミューズはミューズで別にエンハ要らないし亀はスキル死んでるし
243:2015/05/16(土) 23:02:23.42 ID:

孫権が人気上がってきたのは
根性からのカウンターが出てきたのもあると思う
威嚇効くなら 指も有るし多色パの対策要員としてはグッド
1001 : 2017/01/16 23:49:28
  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(7)
  • No.
    1

    シヴァパに孫権…?ウルドはともかく曹操もってないならシヴァパ微妙だよ


  • No.
    2

    全属性必須の時って書いてあるんだけど読めないのかね
    孫権は究極でかなり優良サブになったね
    高回復力、指もち2T威嚇回復エンハ、貴重な水木枠
    ファミエルパとか水回復パでも十分席はあったけど


  • No.
    3

    根性対策
    これに尽きる


  • No.
    4

    木孫権は何気にドラゴンタイプが生きる事多いね
    回復タイプは知らん


    • No.
      4.1

      タイプはともかく回復エンハの恩恵はヒカーリーがめっちゃ受けてるよね


  • No.
    5

    木のいらないヒカーリーパの方が孫権の恩恵を受けそうな
    ラーパは威嚇との相性が悪い

    >>No.2
    横だが、ウルド+曹操もってりゃ全属性でも孫権はいらないし、もってなきゃそもそも微妙だろって話じゃない?


  • No.
    6

    ラーパの水木枠だけどエンハ乗らないし威嚇通らない奴多いから微妙


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ