メタドラ速報|パズドラ攻略・まとめ速報

4,201PV

覚醒メイメイ

 

248:2015/04/22(水) 14:31:02.26 ID:

覚醒抜きにして1ターン加速入れるだけでスキル変更扱いとかキチガイですわ!!!
発狂したい

253:2015/04/22(水) 14:34:42.37 ID:

>>248
さっきからなんの事を言ってるんだ

259:2015/04/22(水) 14:38:02.14 ID:

>>253
メイメイのことじゃね
覚醒させるデメリットの方が大きいな

282:2015/04/22(水) 14:56:16.44 ID:

>>259
デメリットの方が大きいかな?
アテナパで使ってる人にはデメリットしかないだろうけど木パって列構成より2way構成の方が多そうだからメリットの方が大きそうだと思った

262:2015/04/22(水) 14:39:02.44 ID:

>>253
覚醒メイメイのスキル変更がドロ強追加予定だったのが味方スキル1ターン溜まるに変わったやん?

264:2015/04/22(水) 14:40:49.14 ID:

>>262
まぁ、覚醒をドロップ強化2つにして、陣から4個消し頑張れみたいな空気出てたのにこうなったからな
言いたいことはわからんでもない
でも、陣泥強は多分あんまり強くないよあれ

267:2015/04/22(水) 14:45:00.70 ID:

>>264
強化ドロップは能力覚醒の泥強あると大体1.5倍ぐらいのブースト掛かるから意味無いわけじゃないけど…ドロップの個数自体で火力幅大きすぎて計算には入れにくいね

270:2015/04/22(水) 14:46:36.64 ID:

>>264
あくまで個人的にだけどドロ強追加でスキル上げ直し+発動10ターンはワンパン性能上がるからまぁ歓迎してたんさ
俺だと陣はラストで使うからこの変更はかなりメシマズでな

283:2015/04/22(水) 14:56:26.95 ID:

>>270
多分ラッシュレベルで、メイメイ陣を早めに使って、最初に使ったスキルとか重い後発を間に合わせるって形になるんだと思うわ
ドロップ強化付き陣も火力のムラはそのままだけど、全体的にアッパーだから強いは強いんだけどね

288:2015/04/22(水) 15:02:17.98 ID:

>>283
そうだな…ドロ強追加だったのは忘れて喜ぶことにするわ…

255:2015/04/22(水) 14:36:48.30 ID:

嗚呼 泥強無くなったのか
でも前よりこっちの方が良くね?

291:2015/04/22(水) 15:05:58.15 ID:

メイメイスキルターン短縮てw
ニコ生で「自分で泥強までしちゃいますw」とかドヤってたのにな
FFコラボのスキルが好反応だったから急遽変更したの丸わかりすぎ

295:2015/04/22(水) 15:09:04.62 ID:

>>291
FFキャラの性能は不評だった記憶しかないんだが…

293:2015/04/22(水) 15:07:55.33 ID:

メイメイは陣使う時は他のスキルも貯まってるんじゃねって少し思う

301:2015/04/22(水) 15:21:28.00 ID:

>>293
まったく同じこと考えてた
複数のスキル使うときも陣は早めに使うしな……

303:2015/04/22(水) 15:28:37.68 ID:

>>301
まぁ今後この系統が出てくるなら
こいつらピィラゲしとけば後はスキルマ頑張らなくても良くなるかも?
1001 : 2017/10/24 23:49:28
  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(6)
  • No.
    1

    2ターンにするか3色ドロ強ならてまってたんだけど
    神タイプ消えたからただのゴミになっちゃったね
    せめて3色中2色で倍率発動くらいにして欲しかった


  • Pingback: 【パズドラ】覚醒メイメイのスキルが泥強から変更されたのが未だに納得いかない! | パズドラNews速報

  • No.
    2

    スキルよりLSをどうにかして欲しい
    使ったことあるやつならわかるだろうけど指定三色はほんとゴミだからな
    欠損のリスクと火力のリターンがあってないんだよ


  • No.
    3

    まだリーダーとして使おうと思ってる人いたのか


  • No.
    4

    内容変更無しのターン短縮が強いと思います


  • No.
    5

    ゲーム考えてる連中があほだからシカタナイネ


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ