メタドラ速報|パズドラ攻略・まとめ速報

16,007PV

曲芸士

 

693:2015/04/16(木) 18:51:26.71 ID:

曲芸の時代なんかとっくの昔に過ぎてるよ

704:2015/04/16(木) 18:52:31.69 ID:

>>693
んで、今はなんの時代なの?

723:2015/04/16(木) 18:54:07.69 ID:

>>704
横からすまんがラクシュミー、バステト、ラーだと思ってる

740:2015/04/16(木) 18:55:54.07 ID:

>>704
ラクシュミー バステト 曲芸で正確にはバギィ、劉備、曲芸
ベジットとラーは声がでかいだけの雑魚

774:2015/04/16(木) 18:59:47.70 ID:

>>723
>>740
バステト、ラクシュミーが強いのか
俺に7コンボは無理そうだからラクパ作ってみよう
・・・っと思ったらスクルド持ってねぇやw

761:2015/04/16(木) 18:58:25.31 ID:

>>740
すまんラーは普通に強いと思うわすまん
100倍ヒカーリー2wayは普通に強いと思うすまん

755:2015/04/16(木) 18:57:18.43 ID:

>>740
Ie98m0A
じゃあ俺の時代やな

776:2015/04/16(木) 19:00:02.16 ID:

>>755
すげー
やっぱ高ランクは次元が違うわ
1001 : 2017/10/20 23:49:28
  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(14)
  • No.
    1

    ずーっと終了終了言ってるけどいつ終わるの?
    とうに越したって言うなら比較対象曲芸にするの止めればいいのに。


  • No.
    2

    事実超えて無いからなぁ…
    とりまベジット以外全部持ってるけど、結局使うのは曲芸なんだよね。楽だし。
    さらに究極すらしてないのが覚醒組と同等、それ以上ってのはね…オワドラだねw


    • No.
      2.1

      そもそも曲芸は最初から究極なんて考えられてないんでは?


  • No.
    3

    曲芸アンチの人達は主に高ランカーの人達だろうね。
    マイナーバンドのファンだったけど、
    ある日突然爆発的にHITしたらいきなり冷めてアンチに変わる感じのタイプだと思う。
    そんな人達は決まって「曲芸士なんか使ってておもしろい?」と口を揃えて言う始末。
    2万使って出なかったから諦めてベジット使ってるけど、
    持ってたら曲芸士使ってると思うわ。


  • No.
    4

    曲芸士が1番強いな、ラッシュ系とかかなり楽、ラクは面倒くさいから使ってない、ラクよりはバスの方が強いし楽しい、簡単でなかなか強いのはベジットって感じだな、持ってない奴は分からんだろうけど(笑)


  • No.
    5

    曲芸使ってて楽しいわけ?
    俺も曲芸+パンドラ4のテンプレを何回か使ったが、あんなん飽きるぞ

    そんなので降臨クリアしてもなんの面白みもない


    • No.
      5.1

      究極パンドラ4体作ってスキルマにしといて出た答えがそれですか…
      持ってるけど面白くないとか云々言う奴はだいたいが持ってもないし使った事もない奴だろうな。


  • No.
    6

    このサイト最強とか最強とか最強とか取り上げるの好きよね


  • No.
    7

    最強とかまさに不毛
    数値のみのポチポチカードソシャじゃねんだから


  • No.
    8

    ちんちんかいーな
    くそくらえ


  • No.
    9

    曲芸ネタアンチは誰と戦ってるのかといつも思う


  • No.
    10

    曲芸はサブがパンドラ2さえいれば、+なくてもだいたいのところノーコンできるから、廃課金以外に文句なしで最強。
    無課金~微課金にラクパやバステトパ・ベジットパのテンプレそろえるの現実的でないから、結局ほとんどの人にとって曲芸は最強なんだよなぁ。
    他のパーティーは育てると曲芸より応用力あるけど、だいたいの人が+振ったりして育ててる闇じゃないってのもマイナスポイント。

    でもそれぞれの最強テンプレ作れれば、曲芸じゃなくてもいいのはわかるよ。


  • No.
    11

    猫の時代だな


  • No.
    12

    バスキチしつこい、もう流行りは過ぎたよ


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ