メタドラ速報|パズドラ攻略・まとめ速報

1,987PV

167: メタドラ速報 2017/12/26(火) 05:14:59.55 ID:V6kw6fvx0

舞 8倍(火と光のみ)
ブロ 8.5倍

舞 HP4873 攻撃2368 回復723  (wayで攻撃7992)
ブロ HP5490 攻撃3657 回復800 (実質無条件で攻撃7314)

舞 6way、回復強化
ブロ バインド耐性、7コンボ、ガドブレ、スキブ1個

舞とブロスは完全に決着ついてるだろ、どんな使い方でもブロスの方が強い
あえて舞の利点を上げるならスキルがブロスより短い点
短い階層のダンジョンだとスキル枠が一個増える可能性があるが
舞自身のスキルが弱い&スキブが1個減るので、結果的に微妙という

 

168: メタドラ速報 2017/12/26(火) 05:18:48.87 ID:zHkyvgzla
>>167
ブロス自身のスキルが強いみたいな言い方だな。
舞の方が余裕で使える。

 

170: メタドラ速報 2017/12/26(火) 05:22:17.68 ID:V6kw6fvx0
>>168
さすがにブロスのスキルが強いとは言えないが
舞のスキルは間違いなく弱いだろ
継承込みで使えるスキルを入れるってなると、継承するスキルにもよるが
舞も結局20T近くかかる事もある、それでもブロスの方がスキブが1個多い

 

171: メタドラ速報 2017/12/26(火) 05:29:17.54 ID:nZ9vFIls0
>>167
火か光と組ませるなら舞使う
色合わせられる、バランスタイプ、回復強化、継承スキルが生きるわけだし
あと地味にコンボしなくても常時2倍が使える
それ以外だったらディアブロ一択だな
バインド耐性とガドブレがかなり便利だし

 

172: メタドラ速報 2017/12/26(火) 05:29:35.42 ID:Z8Swce/30
>>170
具体的に何が弱いの?
火染めするなら生成系スキルも強いし、5T強化ドロ50%アップもほぼループするし弱い訳じゃない。
13ターン以上の継承することになってるけど具体的に何を継承で想定してるの?まさか風神?w

 

173: メタドラ速報 2017/12/26(火) 05:37:26.32 ID:V6kw6fvx0

>>171
回復強化とか必要?
67盤面でHP倍率の無いリーダーで回復力に困るとかほとんど無さそうだが
火か光と組ませるって言っても実質候補はエドくらいだろうが
パーティの編成を狭めるだけになる気がするけどね

>>172
いや、2色陣とか考慮に入れて20Tって書いたけど
別にどんなスキルでもいいよ
どちらにしろ、そこそこ有用なスキルを継承したら、そこそこのターン数にはなるでしょ
短い階層でワンパンしていくなら、間に合わないケースは多いかと

 

174: メタドラ速報 2017/12/26(火) 05:42:42.21 ID:nZ9vFIls0
>>170
とりあえず舞のスキルよりディアブロのスキルのほうが圧倒的にゴミなのは確かだろ
元のスキルが24Tだぞ?13Tのスキル継承したら37Tとか使い物にならん
スキブ1つ多いだけでこの差は覆らん
ただバインド耐性の差がかなり大きいのは確か

 

177: メタドラ速報 2017/12/26(火) 05:55:37.41 ID:V6kw6fvx0
>>174
言ってる事は同じなんだけどね・・・
ブロスのスキルが強いなんて言ってない
舞よりブロスの方が強いって話だけ

 

1001 : 2018/01/21 23:49:28
  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

amazon人気ランキング

3DSソフト

PS4ソフト

書籍

コメント一覧(4)
  • Pingback: 【パズドラ】不知火舞はディアブロスを超える新たなコンボリーダーになれたのか? | おもしろい記事おまとめサイト

  • No.
    2

    7×6になったら回復力が勝手にあがるみたいな言い方してるけど、コンボ数であがる、枯渇しにくいってだけで回復強化は7×6でも偉大だよ
    それとなぜ舞につけるスキルが13T限定なんだよ、毒処理変換やドロリフなら貯まりも早いし、それならブロスのスキルより使えるのは明白


  • Pingback: 【パズドラ】不知火舞はディアブロスを超える新たなコンボリーダーになれたのか? – パズドラ情報速報

  • Pingback: 【パズドラ】不知火舞はディアブロスを超える新たなコンボリーダーになれたのか? | 早耳ママのゲーム攻略まとめ速報

  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ