メタドラ速報|パズドラ攻略・まとめ速報

2,075PV
ソニア

550: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:21:08.878 ID:0esp2chV0.net
ソニアはもうフェス現格下げでしょ
リュウカンシとかそれっぽいのにストーリー無関係だし

 

561: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:24:17.281 ID:G2LPMGfnr.net
>>550
個人的には闇光メタトロンと和召喚士と時女神もいらん

 

570: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:27:17.869 ID:HZpHa53b0.net

>>561
和龍喚士は多色パや闇パのサブで使えるよ
時女神は・・・ウルドが火パのサブで使える

ゼローグ∞とかハトホルとかシヴァドラとか覚醒ツクヨミとか

 

575: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:29:09.267 ID:G2LPMGfnr.net
>>570
すまん、そのリーダーどもが今の時代既にゴミ

 

583: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:30:38.826 ID:HZpHa53b0.net
>>575
シヴァドラがゴミとか正気か??いまだに現役だろ

 

588: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:32:50.501 ID:G2LPMGfnr.net
>>583
見逃してたわ
でもそれ以外異論はなかっただろ?
そういうことだ

 

590: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:33:28.710 ID:HZpHa53b0.net
>>588
ウルドはシヴァドラのサブに入ると思うが

 

597: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:35:50.915 ID:G2LPMGfnr.net
>>590
で?

 

605: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:37:36.065 ID:HZpHa53b0.net
>>597
周回パ、しかも現役のにサブとして入るんだから上等でしょ
フェス限降格させるほど弱いとは言えない

 

615: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:40:22.500 ID:G2LPMGfnr.net
>>605
それだって闘技場行くわけでもないし
シヴァドラのサブなんていくらでも代えが効くじゃん?ガチャ限でもおkよ
赤おでんや闇カーリーのような唯一無二の使い道があってこそフェス限だと思わないか?

 

627: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:42:45.285 ID:HZpHa53b0.net

>>615
そうかなあ
俺は別に強くなくてもいいから、最低限「弱いとは言えない」程度の強さならフェス限であり続ける資格は十分にあると思う

ソニアメタトロンはフェス限落ちすればいいって言ったのはそれが理由

 

642: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:47:11.616 ID:G2LPMGfnr.net
>>627
なるほどなあ
こっちはただ単純に代えのきかない闇カーリーや赤おでんイルムとかの奴ばっか狙ってるから
フェス限の数が多いとローテーション組まれてゴッフェスで出なくなってうぜぇ理由だったわ

 

649: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:49:38.103 ID:HZpHa53b0.net
>>642
>フェス限の数が多いとローテーション組まれてゴッフェスで出なくなってうぜぇ
それは分かる、フェス限はなるべくすっきりしてたほうがいい

 

554: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:22:05.594 ID:AAYgCFJz0.net
お前らスクルドのこと完全に無視するのやめてやれよ

 

557: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:23:14.875 ID:HZpHa53b0.net
ソニアは使えないことはないけど、弱いよなあ・・・
もうソニアメタトロンはフェス限降格でいいんじゃない?

 

560: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:23:47.384 ID:rZph3j150.net
レア5とレア6の差が泥強1個ってすげーよな(時女神とソニアを見ながら

 

563: メタドラ速報 2015/11/10(火) 23:25:02.274 ID:0esp2chV0.net
時女神はなんでフェス限にしたんだろうなってレベル
ソニアシリーズと一緒に降格でいいよ

 

1001 : 2017/01/24 23:49:28
  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(1)
コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ