メタドラ速報|パズドラ攻略・まとめ速報

3,559PV

バステト

 

801:2015/07/02(木) 12:40:42.08

リセマラしてるんですがシャイターンって強いですか?
とか聞きに来るやついなくなっちまったナァ…

805:2015/07/02(木) 12:46:30.24

>>801
いまだとリセマラ何が良いんだろうな
リーダーで前線張ってる覚醒組は進化素材が結構きついしリセマラ向きじゃない感じする
バステトなんかは順当に進化させていけば良い感じなのかな

807:2015/07/02(木) 12:48:51.29

>>805
カーリーとか何だかんだでサクヤもまだ強いでしょ

858:2015/07/02(木) 13:39:54.74

>>801
フェンリルナイトって強い?って質問してた自分思い出した
そういやリセマラ無しで開始したなあ

803:2015/07/02(木) 12:44:38.63

精霊の強そう感すごかった、タナトスシャイターンに騙された純粋な時代もありました…
もはや今リセマラとかしなくても行けるんじゃないか

809:2015/07/02(木) 12:49:52.45

最初に現環境のトップを出したところで
他のメンツ揃えて育成して降臨何個もクリアして宝玉集めて……なんてやってるころには
環境なんて変わってそうだしなまあリセマラで狙うなら今でも赤ソニアあたりが鉄板だと思うよ

810:2015/07/02(木) 12:50:46.40

妥協できるならぶっちゃけ神シリーズならどれも当たりだよ

812:2015/07/02(木) 12:54:19.03

課金してガチャするならその後のガチャ運次第だからリセマラいらないと思う
金玉に騙されてジーニャで始めたのが悔しい訳でなく

813:2015/07/02(木) 12:56:24.20

取り敢えずGF待って時女神かな
特にヴェルはリーダーによしサブによいお前によし味よし匂いよし

815:2015/07/02(木) 12:58:47.32

時女神って全員くさそう
なんかおばさんの匂いがしそう(こなみ)

816:2015/07/02(木) 12:59:22.87

ぶっちゃけ御三家いるから時女神リセマラはちょっと

817:2015/07/02(木) 13:00:15.44

tI0TujE
さすがHLSくん!

820:2015/07/02(木) 13:01:38.27

>>817
☆少な目の下3つが現在の三闘神というね

822:2015/07/02(木) 13:02:49.00

>>817
呪いスキルマ20ってマジか

824:2015/07/02(木) 13:04:05.55

>>817
バステトがイシホルのサブは当時でもねーだろと思う

826:2015/07/02(木) 13:04:51.21

>>824
まあwayとかなかったしわからんでもない

825:2015/07/02(木) 13:04:33.55

>>817
でもこの時代みたいに4秒でやれと言われたらさすがに厳しいよな

827:2015/07/02(木) 13:05:35.95

>>825
イシスホルスの使いやすさはそこだね
当時の太陽神信仰は凄い

830:2015/07/02(木) 13:12:32.60

>>817
懐かしい
>>827
まだ覚醒ない頃からラー使ってた人が今やると無理って言ってたな
指の魔力は恐ろしい

832:2015/07/02(木) 13:16:08.57

>>830
リセマラ太陽神の太陽教原理主義者だったけど、10分以上盤面を睨んでたこともしばしばだったな
あの頃の降臨は本当に熱かった…

834:2015/07/02(木) 13:18:54.58

>>830
まさしくこれだわ
今は5色あれば絶対に倍率出せるけど
昔は盤面次第じゃ完全に無理だった

819:2015/07/02(木) 13:01:16.11

まあ何で始めたってたいして変わらんよな
今の時代だとリセマラするくらいならさっさとランク上げてコスト増やすのが先
ていうかコスト気にするなんて大変だなあ…
1001 : 2017/10/18 23:49:28
  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(1)
  • No.
    1

    どうせそのうち環境変わるだろうしサブでも使える奴がいいとは思うが現環境でリーダーとしてだけで見るなら猫かな?
    序盤は普通の究極で進んで高難易度ダンジョンにいくようになったら覚醒させれば序盤から終盤までずっと使えるし


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ