メタドラ速報|パズドラ攻略・まとめ速報

4,698PV

克己の龍英傑・劉備

 

703:2015/06/25(木) 16:09:31.29

ヴィシュヌ強いけど劉備完全に追い出すってほどではないんじゃないの?
どっちにしろボス戦で木泥たくさん作らなきゃいけなくなるんだし
ヴィジュアル重視の人は嬉しいだろうね

722:2015/06/25(木) 16:11:48.56

>>703
PTによるだろうね
ヴェルだったら決戦火力用に劉備1は欲しいかもだけど猫ならいらんかな
使い分けが出来るだけでも十二分に出世しとるからいいけどね

723:2015/06/25(木) 16:11:56.55

>>703
だよな。猫に入りはするだろうけど代用レベル。泥2個生成ついたけど所詮目覚めだからなあ

710:2015/06/25(木) 16:10:18.22

別にヴィシュヌがきたからって劉備追い出すってことはないな

726:2015/06/25(木) 16:12:42.56

>>710
ヴェルパでは副属性火の劉備は外さないよ

712:2015/06/25(木) 16:10:24.92

劉備「職を失ったったwww」

729:2015/06/25(木) 16:13:06.34

>>712
劉備「私は(盤面の)中に(木泥を)注入」
ヴィシュヌ「私は(盤面の)外から」

718:2015/06/25(木) 16:11:34.38

猫オシリーザヴィシュヌ2で封印完璧
スキルの回転も速いし良さげ!場合によっては劉備の変換は過剰な時あるからなぁ

724:2015/06/25(木) 16:12:20.06

ネギの時代が終わったか

740:2015/06/25(木) 16:13:56.80

>>724
?変換で6way持ちだが?サブなら圧倒的に劉備だと思うが

727:2015/06/25(木) 16:12:51.92

すまん普通にネギビシュ2枚積むすまん

728:2015/06/25(木) 16:12:57.92

劉備逝った?

732:2015/06/25(木) 16:13:16.66

ネギ殺したいひと多すぎ
あほちゃう

736:2015/06/25(木) 16:13:25.82

劉備との火力差なんか誤差だし即時ドロップ供給できないスキルじゃなぁ。
猫に入れるとすればヴィシュヌ2ヴェル尻とかか

741:2015/06/25(木) 16:14:10.31

劉備逝ったとか言ってるやつキチガイ?

746:2015/06/25(木) 16:14:47.18

>>741
それ言ってるの劉備持ってない人だろうね

760:2015/06/25(木) 16:16:27.34

>>746
普通に考えれば猫パに落ちコンアタックが追加されるだけだよな

743:2015/06/25(木) 16:14:22.33

目覚めで無駄にオチコン来て次の階で木泥欠損とかないようにすれば糞強いだろな

757:2015/06/25(木) 16:15:56.74

>>743
図らずして強化泥大量落下でカーリー白目という夢を見た

752:2015/06/25(木) 16:15:25.77

劉備逝ってはないけどアイデンティティが失われた感イズある
1001 : 2017/05/23 23:49:28
  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(6)
  • No.
    1

    どんだけネギ下げしたいんだよwww持ってない雑魚は黙ってろよ(´^ω^`)


  • No.
    2

    アイデンティティも何も劉備やヴィシュヌに限らず6way持ち最近多いしな、木なら委員長アテナもいたし
    火力とW変換での瞬間火力で総合的に劉備が強いって言われてるだけで
    勿論スキルはともかく封印指持ちのヴィシュヌも強いしこれからは木の二枚看板になるってだけ


  • No.
    3

    むしろ封印持ちしかアイデンティティがなかった委員長アテナの方が死んでるという


  • No.
    4

    ぶっちゃけ劉備の方が上だろ、所詮劉備の代わり


  • No.
    5

    封印敵の目覚め対策にもなるのがヴィシュヌ。
    火力は変換のある劉備が上だが2つとも似てるようで用途が違うので
    どっちが強いかで言い争うのはナンセンス。


  • No.
    6

    「劉備よりヴィシュヌの方が使いやすい」というならまだわかるけど、「ヴィシュヌ究極で劉備使い物にならなくなった」みたいな言い回しする人って何なの?


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ