メタドラ速報|パズドラ攻略・まとめ速報

8,490PV
1849_pwpkrd
335:2015/06/04(木) 15:31:11.76 発信元:36.12.20.131 .net ID:

見てなかったけどイーリアグリザルLS強いな
ブブソニからブブグリに変わるのかな
アテナもネックの回復が改善してLFアテナイーリア、メイメイポカリイーリアヴァルで超地獄までそこそこ楽に周回できそう?
346:2015/06/04(木) 15:35:57.93 発信元:49.98.175.18 .net ID:

>>335
ブブソニの耐久力はソニアの回復2.5倍に依るところが大きいからブブ死神は微妙な希ガス

365:2015/06/04(木) 15:43:30.31 発信元:36.12.20.131 .net ID:

>>346
いまやパンドラもいるし、セポネもパンドラと相性が良くて回復含めステ優秀だし
回復1.5倍で充分攻撃底上げしたほうが良くない?
パンドラパンドラセポネにハクかセポネ2人目で列6~8個、HP39k、回復4500~5000だよ
369:2015/06/04(木) 15:44:55.91 発信元:49.98.140.91 .net ID:

>>365
パンドラ二人が6Tで回る方がメリット大きそうだな
370:2015/06/04(木) 15:46:03.21 発信元:175.131.10.246 .net ID:

>>365
言ってることはわかるけどチャレダン10レベルで殴り合いといくとそうもいかん
決戦火力的なお話をするなら2.5*2.5でも十分火力でるから、やっぱ毎ターンの復帰力が強力なブブソニはそれはそれで行き残っていくと思う
374:2015/06/04(木) 15:47:31.75 発信元:1.66.105.65 .net ID:

>>369
ソニア陣捨てられるの?
385:2015/06/04(木) 15:50:27.59 発信元:36.12.20.131 .net ID:

>>370
最初に超地獄周回と言ったのに、、、一部の絶地獄含め安定でそこそこ高速周回には向いてると思うけど
チャレダンは知らん>>374
陣が必要ならサブに入れたらいい

377:2015/06/04(木) 15:48:45.86 発信元:106.179.217.165 .net ID:

>>365
パンドラもセポネも光消しちゃうからグリザルのスキルと相性良くなさそう
394:2015/06/04(木) 15:52:35.58 発信元:36.12.20.131 .net ID:

>>377
そうね
光以外ならスゲー強かったけどその点が残念なところ
間違っても水火なんて消せないし、パンドラとの相性考えると回復もダメ
木は最近覚醒した犬を食う形になってまたゴネゴネ
消去法的に光しかなかったんだろね
427:2015/06/04(木) 16:02:53.74 発信元:106.179.217.165 .net ID:

>>394
回復→闇だったらかなり良かったんだけどね
パンドラ→グリザルのセットが7ターン周期でに使えるし
435:2015/06/04(木) 16:06:45.11 発信元:36.12.20.131 .net ID:

>>427
4wayを生かせる場面がほとんどないしHP、攻撃ともに負けてるクレールちゃん死んじゃう?
光以外じゃ強すぎるけど、光だとピィラゲ、超地獄周回スキラゲできる人にはあんまり需要がない悲しいキャラかもね
378:2015/06/04(木) 15:48:46.91 発信元:58.93.3.208 .net ID:

6コンボやりゃ3倍なるのにソニア捨てる意味がわからん
ブブグリとか中途半端で流行らんよ
1001 : 2017/07/25 23:49:28
  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(5)
  • No.
    1

    そもそもブブソニでいくような所で回復1.5倍なんてお呼びじゃない
    スキルも弱いし少なくとも耐久パには席はない


  • No.
    2

    回復1.5倍だと耐久できたもんじゃない。回復ベジットぐらいだろ?
    毎ターン2万飛んでくるダンジョン安定さすには2.5倍必要


  • No.
    3

    ブブソニだろうな
    1.5倍程度と引き換えの火力底上げするなら呂夫ソニでいい


  • No.
    4

    まず栗猿ハイパーにしてる人が少なすぎるっていうね


  • No.
    5

    確かに回復いらないとこだったらHPもあんまいらないし呂布ソニでいいな。


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ