メタドラ速報|パズドラ攻略・まとめ速報

タグ
10,182PV

バステト

リセマラとは?

リセマラとは、インストールとアンインストールを繰り返すことで、無料で引ける最初のレアガチャで強いキャラを出してゲームをスタートすることです。特に無課金・微課金を予定している方は好きなモンスターを狙える最初にして最後の機会ですので有効に活用しましょう。

リセマラの手順
1.インストールしてゲームを開始する。
2.チュートリアルをクリアする。
3.手に入った魔法石5個を使ってレアガチャを回す。
4.狙ったモンスターが出なければ、アンインストールして再度インストールし直す。

以上を狙ったモンスターが出るまで繰り返します。

リセマラおすすめモンスター

バステト
■バステト
リーダースキル「4コンボ以上で全モンスターの攻撃力が2.5倍」のおかげで序盤はパーティの編成に悩まずに使うことができます。使い続けることでパズルの腕前も自然と上達していくので初心者の方には特におすすめです。究極進化をさせることで攻撃倍率が上がり、覚醒バステトまで進化させれば超高難度のダンジョンの攻略も可能です。

ラー
■ラー
「5属性同時攻撃で攻撃力が6倍になる」というリーダースキルは条件こそ難しいですがパズルに自信がある方にはおすすめです。覚醒ラーまで進化させると操作時間延長の覚醒スキルが付いて使いやすくなるのに加えて、スキル使用時には最高攻撃力100倍を出すことが可能。現時点においての最強モンスター候補の一角です。

呂布
■呂布
リーダースキルは「悪魔タイプのHPが少し上がり、攻撃力は3倍になる」という攻防に優れたモンスターです。赤龍喚士・ソニアと組ませる通称「呂布ソニア」はHP、攻撃、回復の全てに倍率が付き非常に高い耐久力を誇ります。

麒麟の化身・サクヤ
■麒麟の化身・サクヤ
パーティの編成が制限される多色パーティにおいて無課金でもある程度のサブを揃えることが出来るので、課金予定のない方には特におすすめです。ユーザーが究極進化させたいモンスターを選ぶ「究極進化アンケート」において二度も1位に選ばれるなど、パズドラ随一の人気キャラクターでもあります。

ハトホル
■ハトホル
リーダースキルは「光属性のHPと回復力が少し上昇。5属性(4属性+回復)同時攻撃で攻撃力が4.5倍」というもの。他の多色リーダーとは違ってHPにも倍率がかかるので耐久しながら戦うことが可能です。バインドに弱いのが唯一の弱点ですが、その辺りは今後の究極進化での改善に期待したいところです。

大喬&小喬
■大喬&小喬
火力は他の多色リーダーと比較すると若干劣りますが、「4属性(3属性+回復)同時攻撃で攻撃力が4倍」と多色リーダーの中では抜群の使いやすさを誇ります。ドロップ変換系のスキルを持っているのでサブとしての活用も可能です。

パンドラ
■パンドラ
リーダースキルは「闇ドロップを6個つなげると味方の攻撃力が 上がり、8個以上つなげて最大4倍になる」というもの。闇属性のモンスターはヴァンパイアやピエドラなど無課金でも有用なモンスターが多くおすすめです。一世を風靡した曲芸士の最強サブとしても使われるなど、サブとしても非常に優秀なモンスターです。

リセマラおすすめ(フェス限定)

こちらのモンスターは月に2回開催される「ゴッドフェス」の期間中のみ排出されます。的中確率は低いですが、それを考慮しても狙う価値がある高い性能を誇ります。

秘女神・カーリー
■秘女神・カーリー
ユーザーが欲しいモンスターを選ぶ「ゴッドフェスアンケート」において1位を獲得するなど現在人気ナンバーワンのモンスターです。スキル「五色の秘術」は「全ドロップを火、水、木、光、闇ドロップに変化」という、ドロップの欠損が怖い本作において最強とも言っていいスキルです。リーダーでも多色パーティのサブとしても非常に強力なモンスターです。

赤龍喚士・ソニア
■赤龍喚士・ソニア
「悪魔タイプの攻撃力と回復力が2.5倍になる」という強力なリーダースキルに加えて「全ドロップを火、闇ドロップに変化させる」という便利なスキルを持ちます。呂布やベルゼブブと組ませることでHP、攻撃、回復の全てに倍率のかかる強力な悪魔パーティを形成できます。

幻神・オーディン
■幻神・オーディン
通称「赤おでん」 リーダーとしても十分に使える性能ですが、特筆すべきはそのスキル、高ダメージと超猛毒を同時に与えることができ、ゲリラダンジョン等において大活躍してくれます。最高レア度の★6と引ける可能性はかなり低いですが、狙う価値は十分にあります。

タグ

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(1)
  • No.
    1

    本当の新参はパズルすらできないから絶対イースがいいとおもう


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ